花粉症の夫へのティッシュペーパー | 絶対に半熟にできるフライパンができたらノーベル賞






花粉症の夫へのティッシュペーパー

花粉症の夫は会社のデスクに置いておく為にとボックスティッシュを持っていくことがあります。


かなり鼻が出るので良く使う為、ないと困るのだと言われました。
また無くなるから持っていくねと言われたのですが、家にボックスティッシュのストックがなかったので明日買ってくるからと約束しました。
そこで、翌日ドラッグストアでボックスティッシュをあれこれ吟味しました。
いつもなら一番お買い得なものを選ぶだけなのですが、花粉症の夫の為にはいつもよりも鼻がむけない柔らかいティッシュにしてあげようかなと思ったのです。

 

http://www.svdinc.com/
普通のボックスティッシュよりも値段は高いけど、それなりの品質なのでしょうから。
そして、買ってみたちょっとだけ高級なボックスティッシュ、試しに鼻をかんでみました。
ものすごく肌に優しい感じがしてこれまで自分が当たり前に使っていたティッシュは比較すると鼻かむのに痛く感じる位でした。
こんな良いティッシュの感触に慣れてしまうのは値段が高いしそれはそれで困るなあと思った私は、それを隠して別に買った普通のボックスティッシュを夫には渡すことにしました。
ごくたまに良いものを使うと、いつも使ってるのが安物だと気付かれても嫌ですからね。
現在の日本は独身でありながら恋人がいない、あるいは交際相手のいない男女がなんと5割にも昇るというニュースを見かけました。30歳で未婚の男女の割合は4割程度ということからも、日本の晩婚化は年々進んでいると言えるでしょう。それにはいろいろな理由が考えられます。ちょっと前に言われるようになった「男子の草食化」であったり、女性の社会進出が進み自分の仕事に専念しているなどが挙げられます。しかし、その一方で「恋人がほしいけど、出会いがない」、「早く結婚したいんだけど、肝心の結婚相手が見つからない」という理由も多く挙げられました。もう少し詳しく見てみると、「職場が男ばっかりで出会いの糸口が見つからない」「地方で田舎だから、元々出会いのきっかけが作りにくい」、「仕事が忙し過ぎて、出会いを探す暇がない」、「今の仕事の給料が低過ぎて、結婚しても安定した家庭が持てるか不安」、「人見知りな性格で、どうやって声をかけたらいいのか分からない」、「職場はおじさんばっかりだし、出会いになりそうな場所もない」など、出会いに悩んでいる状況は本当に人それぞれです。このように出会いがないと悩んでいる人はたくさんいます。そういった人たちでも、出会えるきっかけや場所さえあれば、意外なほど簡単に恋人ができるようになるものです。ただどうやって出会いを見つければいいのか方法が分からないだけで、一度出会いを見つけるコツをつかんでしまえば、「出会いがない」という悩みから一気に解放されることでしょう。新しい出会いに触れること自体も楽しいですし、恋人ができれば一人で寂しく過ごすこともなくなります。毎日ラインやメールでラブラブなやりとりをしたり、休みの日にいろんなところに出かけてデートを満喫できます。クリスマスや誕生日・付き合った記念日をお祝いしたり、カップルでしか行けないデートスポットにも行けるようになるので、毎日が何十倍も楽しくなります。恋愛することに興味がないという草食化した男子もいますが、やはり大半は恋人がほしいし、いずれは結婚したいと思っています。30代にもなると独り身が寂しく感じられたり、将来のことを考えると孤独が怖くなってきてしまうものです。もちろん恋愛をすることや、結婚することが全てではないでしょう。結婚をすればしたで、新しい悩みや不満が出てくることも事実です。しかし、家庭を築くことでしか得られない幸せもあります。友達との付き合いだけでは得られないような、感情・関係は恋人・伴侶がいることによって初めて生まれるものです。そのために、まず出会いを作ることが必須になります。